hulsta

2007年09月26日

お弁当箱

オータイニュース
9/26のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。
本日は涼しいかなと新しく買った(買ってもらった)パーカーを着込み外に出たが、長袖を着るのは早計だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
検索さんいらっしゃい
「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

9/26の検索さん

「ヒュルスタ ベッド 寝心地」
教えてtai! みんなの疑問、鯛が解決。
寝心地は抜群です。
■参考過去記事 ヒュルスタのベッドははたして高いのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝、Jukaさんから「コンペの企画が通りましたよ」とのメールがくる。
二度寝しようと思っていたが、事務所に出向く。
中野坂上駅まで歩いた時点でお弁当箱を忘れたことに気づく。
家に取りに帰る。
かるい徒労感。

お弁当
リサーチを手伝ってくれたJukaさんとお弁当を食べながらお祝い。
写真右がたかぎ鯛吉郎、左がJukaさんのお弁当。
俺はドカベン山田太郎かという程のボリューム。
米一合はつめられていた。
「これ全部食べれるのですか?」と言われながらも完食する。
Naz特製ネギ味噌ソボロが美味しかった。

お弁当でお腹いっぱいだったので夜ご飯はパイナップル。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「キャラ化するニッポン」読了。
内容説明
キャラクターと日本人の関係は精神的に強い絆で結ばれている。コミュニケーションから、身体感覚や健康意識、政治や経済、コンテンツ、タレントまで、様々な領域でのケースを取り上げ、キャラ化するニッポンの現状を考察する


社会がすべてキャラ化していくという論旨だが、果たしてキャラ化した社会がいいのか悪いのかについて著者は言明していない。(若干の違和感は表明している)

本書の最後で著者は「セカンドライフ」を紹介した後にこう結論づける。
本書p175
ぼくはこの本で、テレビや映画の中で起きている「生身の身体」と「キャラ的身体論」とのヒエラルキーの逆転について書いたが、もしかすると、現実社会においても「生身の私」と「キャラとしての私」のヒエラルキー逆転が起こるかもしれない。
仮想現実社会を軽やかに闊歩しながら、パソコンの前に座る「生身の私」のことは小指の爪程度にも気にかけなくなる、そんな日々がやってくるかもしれない。
つまりは、「セカンドライフ」が「ファーストライフ」になる時が。
そして、その時「キャラ化するニッポン」は、確実の次の、もはや後戻りできないステージへと進むことになる。
「仮想現実」と「現実」の線引きはどこにあるのだろうか。
PCの前での「生身の私」は、美味しく作れた珈琲を味わいながらこの文章を綴っているし、書き終えたら洗濯物をたたむ予定だ。
労働をしなければ生活していけないし、水曜日には燃えるゴミを出さなければならない。
「生身の私」が些末な日常生活に従事しなければならない以上「セカンドライフ」が「ファーストライフ」になる日は来ないだろう。
ただし、死ぬまで働かなくていいほどの財産を持っている人は可能かもしれない。
以上は本書を読んで少し気になった点。

一番ひっかかったのは「キャラ化するニッポン」の象徴的存在として紹介されているエビちゃんこと蛯原友里についての記述。
本書p149
…だからこそ、そのことに自覚的な彼女は、できあがったキャラとしての自分を「私」ではなく「エビちゃん」と呼んでいるのである。(ちなみに、モデル仲間の押切もえはエビちゃんのことを「エビ」と呼ぶらしい。)
括弧内の押切もえのエピソードはどうでもいいような気がした。

キャラ化するニッポン (講談社現代新書)


tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!
  • 2007年06月17日

    それピンクじゃないから!

    プライバシー
    襲名披露式典も無事おわり、鯛吉堂深夜営業スタート。
    総勢10名でPrivacy大会。
    PrivacyはReinhard Staupeがデザインしたパーティゲーム。
    大好きなゲームの一つだが、色々と問題があってすでに絶版。
    このゲームを大人数でストレスなく遊びたいがために買ったリフトテーブルが大活躍。
    今夜のMVPはきりぎりすさん。

    「わたし25歳の時だからピンクでいいんですよね…」

    おもしろすぎです。

    eye丼
    ほとんど何も食べてなかったのでeyeちゃんに特製どんぶりを作ってもらう。
    美味。

    朝5時、宴が終わる。
    スタッフのみなさんお疲れさまでした。

    鯛吉堂特製珈琲とうまい棒
    昼過ぎ、起床。
    携帯電話を忘れていったjukaさんがlilyさんと共に来宅。
    うまい棒と鯛吉堂特製珈琲を飲みながら談笑。

    ウェグナー
    夕方、新宿OZONEで開催中のThank You For Wegner〜ハンス・J・ウェグナー追悼展〜にいく。
    ウェグナーのデザインした椅子の中で日本でもっとも有名なのはカールハンセン社のYチェアだろう。
    庭食亭のダイニングも長年Yチェアが使われている。
    ウェグナーの椅子がこれだけ並べられている機会は滅多にないので、とりあえず全ての椅子に座ってみる。
    ひとつだけ最高に座り心地のいいリクライニングチェアがあった。
    買うわけでもないのに椅子に座ったり立ったりしている姿は我ながら滑稽だ。

    hulsta02
    ベッドのマットレスと食器棚を見にhulstaのショールームに寄る。
    hulstaのAirDream 500 Sというマットレスの寝心地は格別なものがある。
    いくら寝ていても全然疲れない。
    値段もそれなりにするが毎日使うことを考えれば驚くほど高いというわけではない。
    とはいうものの今すぐ買える蓄えもないのですごすごと退散。

    カフェーズ
    カフェーズ02
    Cafezで夕食。
    最近わりと頻繁に通っている。
    鴨モモ肉のコンフィとキノコのサラダが好きでいつも注文する。
    今日のヒットは生ハムと春野菜のリゾット。
    デザートにアプリコットのタルトを食べる。

    写真は襲名披露式典で暇殺しメイツのお二人から頂いたお祝い。
    ありがとう、PさんM★さん。
    朝食に一本ずつ食べさせてもらいます。

    ありがとう暇殺しフレンド!

    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
  • 2007年02月19日

    だって

    オータイニュース

    2/19のオータイニュース

    店主唯一の情報源オータイニュース。
    ‘だって’という接続詞に親しみを感じる本日の記事。

    新解さんの「だって」の用法がふるっているのでご紹介します。

    ■だって(接)
    〔口頭〕〔自分の行為を非難する相手の言葉に対して〕 それは実情を知らない人の言う事だ、無理な事であると、自分の立場を正当化することを表わす。
    「なぜ遅刻した?―ストライキで電車が来ないんですもの」

    (新明解国語辞典)

    ストライキならば仕方がないと先生も納得させられる一言。
    きっとこの女生徒は生徒会に所属している。
    しかもメガネ美人で社長令嬢とみた。

    新解さんの読み方

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    検索さんいらっしゃい
    「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

    2/19の検索さん

    「競輪選手 愛人」
    「競輪選手 不倫」
    拙ブログには競輪選手の奥さんがほぼ毎日訪れてくれる。
    ありがたいことです。
    競輪選手は一年のほとんどを地方遠征している。
    奥さんは家でをしていることが多い。
    旦那は地方で何をやっているのか疑念がわく。
    絶対遊んでいると妄想が広がる。
    でも具体的な証拠がない。
    そこでネット検索…

    ■過去記事「競輪選手の愛人と競輪場に遊びにいった時の話」

    「嗚咽 げっぷ」
    「なぜ胃カメラ、腸カメラはつらいのか」
    内臓がとても乱雑な検索さん。
    腸カメラは経験はないが、胃カメラは2年前に経験した。
    本当につらかった。

    「なぜ胃カメラ、腸カメラはつらいのか」は新書のタイトルっぽいと、ふと思った。

    「蟲蟲蟲」
    Shockwaveのミニゲーム「蟲蟲蟲!」
    ぶっちきりで首位を独走中。

    ぶっちぎり

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    のみ

    箱根関所の編集。
    仮編集したものをVHSにコピーして、関係者各位に宅急便で送る。
    ビデオテープを梱包して宅急便で送るという作業がめんどくさい。
    ビデオラベルを作成してテープに貼り、プチプチにくるんで、宛名を書き、紙袋に入れる。
    単純作業でありながら結構時間をとる。

    仮払いの精算。
    津波防災ビデオの取材相手とアポをとる。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    カルカソンヌ2の得点ボード

    夜、「カルカソンヌ2-原始の営み-」で遊ぶ。
    ボロ負けする。
    写真はカルカソンヌ2の得点ボード。

    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2007年01月21日

    hulsta@OZONE

    ヒュルスタショールーム

    新宿OZONE(最近までオゾネと読んでいた)に新しくオープンしたヒュルスタのショールームに遊びにいく。
    ドイツのメーカーらしいシンプルなショールーム。
    ヒュルスタ社のコンセプトが一目でわかる作りになっている。
    スタッフの人たちも皆さん感じがいい。
    お目当てはキッチン用のシステム家具。
    展示されている家具をながめてるだけで楽しい気分になってくる。

    ショールームに置いてある最高級のベッド「Tamis(タミス)」の値段が136万円。

    Tamis

    ヒュルスタ社の技術の粋が尽くされたベッドだと思うとそれほど高くはないと思った。
    これは価値観の問題。
    人生の3分の1を睡眠に費やしていると考えるとベッドにこそお金をかけるべきだと個人的には思う。(椅子も然り。)
    庭食亭の夫妻は型は違うがこれと同クラスのベッドを昨年購入した。
    あまりに快適な睡眠を得られるためほとんど病気をしなくなったという。
    同じ金額の車を購入することを考えてみればこのベッドは安いとすら感じる。
    一度タミスで寝てみると「これがベッドというものなのか」と実感する。
    タミスにはエアドリーム500というマットレスが使用されている。
    現在使用しているラテックスマットレスも気に入っているが、エアドリーム500の寝心地は格別だ。(これは好みもあるのでラテックスの方が好きだとう人もいる。)

    しかし安いと思うことと、実際に買うことには大きな溝がある。
    その溝は経済的な理由に起因している。
    簡単にいえば買うお金がない。

    家具に興味がある人はヒュルスタのショールームに一度足を運んでみることをおすすめする。

    ヒュルスタ ベッドルーム
    ダイニングルーム

    ■mixiコミュニティ「hulsta」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ヒュルスタのショールームを見学したあと隣にあるモービレ モービリのショールームをのぞいてみた。
    そこでリフトテーブルというとても機能的なテーブルを見つける。
    meine Frau Nazが以前からこれはいいよと言っていたテーブルだ。
    一目で気に入る。
    このテーブルはボードゲーマーのために作られたのではと思った。
    リフトテーブルがどんなに素晴らしいかはホームページも見つからないので割愛するが鯛吉堂にはなくてはならないテーブルだ。

    値段を見ると¥189,000(税込み)とかいてある。
    男にはたとえお金がなくても買わなければならない時がある。

    「女房を質に入れてでも」という慣用句があるが、わが家では女房を質に入れてしまっては生活が成り立たないという事情があり、欲しい物があるともっぱら女房にねだるという新しい形のライフスタイルを送っている。

    ねだる
    〔普通に頼んだのでは出来ない事を〕相手の好意に甘えるようにして、頼み求める。
    [表記]普通、「{強請}る」と書く。
    (新明解国語辞典)

    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2007年01月15日

    初夢

    オータイニュース

    1/15のオータイニュース

    野菜が嫌いなので耳が痛いニュース。
    偏食なのだ。
    しかし最近、徐々に食べられるものが増えてきた。
    絶対に口にしなかったシイタケとイクラが食べられるようになったばかりか、ひょっとして「おいしい」のではないかと感じてきている。
    本日はアワビに挑戦してみた。
    おいしくなかった。
    偏食改善の道は険しい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    検索さんいらっしゃい
    「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

    1/15の検索さん

    「Hulsta」
    「新宿 OZONE」
    家具マニアな検索さん。
    Hulsta(ヒュルスタ)は日本では相当マニアックな家具メーカだ。
    しかし、ヨーロッパではトップシェアを誇る人気ブランド。
    オンラインインテリアビジネスニュースの記事によると「1940年の創立以来、made in Germanyの高品質と高い機能性、そしてバウハウス伝統に基づくシンプルモダンなデザインで、世界中から高い評価を受けている」とのこと。
    顧客ターゲットは年収1000万円以上の富裕層。
    そして鯛吉堂の家具のほとんどがヒュルスタ製。
    そこにはあるカラクリがある。

    とある縁でmixiにhulstaのコミュニティを作った。
    現在、参加者は5人。
    ひっそりと盛り上がりを見せつつある。

    「デジダルパーマ」
    「指しで飲む」
    誤字な検索さんがあいかわらず訪れて来てくれる。
    なぜなら拙ブログの誤字を直していないから。

    「芦屋 山口組」
    裏社会からの検索さん。
    山一抗争が激化していたころ、店主は芦屋に住んでいた。
    通っていた小学校周辺にジュラルミンの盾を持った機動隊が大勢いたことはいまでも鮮明におぼえている。
    「ジュラルミン」
    という言葉はその時に覚えた。


    人は何かを知りたがり、日々検索にいそしむ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    遅ればせながら昨夜、初夢をみた。

    幼なじみの大王rui君とベースを買いに楽器屋にいる。
    rui君におすすめのベースを尋ねる。
    rui君に「これええんとちゃう」とすすめられる。
    買おうかどうか迷っているところで、夢から覚めた。

    なぜこのような夢を見たのかは想像がつく。
    ここ最近、鯛吉堂をスタジオにしたいと思っているからだ。
    いまある機材はクラシックギター1台のみ。
    これではあまりに貧弱だ。
    ドラムを置くにはスペースがなさすぎる。
    買うとしても最後の最後だ。
    とりあえずはベースかなと無意識に考えていたのが夢にあらわれたのだろう。

    しかし問題はそこではない。
    大王rui君の本日の日記のタイトルにおどろいた。

    「危険!触るな!ベース!」

    これは何かの暗示なのだろうか。
    一日中、ベースのことが頭から離れなかった。

    ちなみに店主が気になっているベーシストはグレートマエカワ
    あの動きは普通の人には真似できない。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    銀座で「津波防災ビデオ」の台本検討をする。
    初稿にしてはまずまずの感触。
    今回はなぜか使命感に燃えている。
    めずらしく気合いが入っている。

    午後、打合せで指摘された点をリサーチし直す。
    内閣府に電話して東海地震に関して色々と聞く。

    tai_kichi_ro at 21:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!
  • 2007年01月13日

    ヌルヌル地震

    終日、鯛吉堂スタジオで「津波防災ビデオ」の台本書き。
    昼過ぎに千島列島沖で地震が起きる。
    津波警報が出される。
    津波のニュースをチェックしながら津波防災ビデオの台本を書いていることに少し複雑な気分になる。

    明治29年に起きた三陸大津波では事前の震度が2〜3と小さく、不意打ち津波だった。
    これは「津波地震」といわれるマグニチュードのわりに大きな津波を発生させる地震によるものだった。
    その原因は海底の地震断層がゆっくり動くと、その規模が大きくても伝わってくる地震波が相対的に小さいためだといわれている。
    この明治三陸大津波ではおよそ2万2千人もの命が奪い去られた。
    ちなみに「津波地震」はその性質が庶民にも分かるように「ヌルヌル地震」と呼ばれていた。
    (参考文献「津波の恐怖」山下文男著)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    とある縁でmixiにドイツの家具メーカーhulstaのコミュニティを立ち上げた。

    mixiコミュニティ「hulsta」

    hulsta(ヒュルスタ)は日本ではあまり知られていないが、ヨーロッパではNo.1の知名度とトップシェアを誇る家具メーカー。
    興味のある方はご参加を。
    新宿のOZONE(最近までオゾネと呼んでいた)にヒュルスタのショールームがオープンしたので近々遊びにいく予定。

    鯛吉堂の家具のほとんどはヒュルスタのものを使用している。

    ※1/21追記:ヒュルスタのショールームに行ってきました。
    くわしくはこちらをご覧下さい。

    tai_kichi_ro at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!