津波

2008年07月23日

「生きづらさ」について

オータイニュース
7/18のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

暑くて食欲はあまりないが、それでも何かお腹に入れたい時、コンビニのとろろそばを買ってきて食べることが多い。
大学に在籍していた頃、一度だけ参加したラグビー部の夏合宿の帰り、先輩にすすめられて食べたのがきっかけ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
救急車
朝、ベランダの花々にたっぷりの水をやる。
この季節、一日でも水やりを怠ったら愛情たっぷりに育ててきた花々が枯れてしまうおそれがある。

午前、本を20冊ほど宅急便で送る。

京都ロケの新幹線のチケットを手配。
明日の川越ロケハンの準備。
ロケ仮払いの申請。
ぶっちゃけの支払いの整理。

夜、構成台本を黙々と書く。

Nazと体育会系について議論する。
仲間と肩を組んで歌った思い出なんてあるわけがない。
が、Naz曰く「デフォルトである」とのこと。
This is Power University.

東北地方で地震。
津波の心配をする。

庭食亭日記を読んでいるとわが家の紋が“五瓜に唐花”であることを知る。
紋の意味はよくわからないが、デサインがカッコいい。

五瓜に唐花

庭食亭日記ー三十回忌はフランス料理で
この日の日記はなかなかおもしろい。
祖父が亡くなってから三十年が経つ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「生きづらさ」について読了。
出版社/著者からの内容紹介
フリーター、ハケンなど非正規雇用者が1700万人を突破。
いま多くの人が「生きづらさ」を感じています。
1998年以降、自殺者数は毎年3万人を超え、毎日のように練炭自殺や硫化水素自殺のニュースが報じられています。鬱病など、心を病む人も増える一方です。これらの現象は、現代社会に特有の「生きづらさ」とは無縁ではありません。
その背景には、もちろん経済のグローバル化に伴う労働市場の流動化が生んだ、使い捨て労働や貧困、格差の問題もあるでしょう。他方で、そういう経済的な問題とは直接関係のない「純粋な生きづらさ」もあるでしょう。
本書では、さまざまな生きづらさの原因を解きほぐしながら、それを生き延びていくためのヒントを探っていきます。

■ 人間扱いされない職場■粉々になるアイデンティティとナショナリズム■排除の線■フリーターの意味の変化■所属、アイデンティティ、承認----なぜアカデミズムはフリーターの問題に対応できないか■コミュニケーション重視型の社会と貧困の深刻化■自己責任に陥るなら、ナショナリズムにいくほうがいい■右傾化さえできない若者たち■右翼と左翼の違い■「希望は戦争」論争■格差とルサンチマン■セキュリティと移民排斥■ナショナリズムは一過性のもの?


雨宮処凛と萱野稔人の対談集。
仕事(労働)におけるコミュニケーション問題は本当に根深いと思う。
最近、労働問題が他人事ではないと切に思うようになってきた。
自分にできること・するべきことはあるのか色々と考える。
現象や運動を映像として記録することなのだろうか。

「生きづらさ」について (光文社新書 358)

■関連図書
雨宮処凛の闘争ダイアリー

権力の読みかた―状況と理論

若者を見殺しにする国

貧乏人の逆襲!―タダで生きる方法

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日のYouTube

■スクールウォーズ 第六回「涙の卒業式」


小沢先生、今とあまり風貌が変わっていない。

tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2008年04月18日

    第49回科学技術映像祭表彰式

    オータイニュース
    4/18のオータイニュース
    店主唯一の情報源オータイニュース。
    30才の秋、たかぎ鯛吉郎に演歌の神が舞い降りてきた。
    演歌を始めてから2年が経とうとしているがなかなかレコーディングまで辿り着かない。
    しかし、仕事をしていく中で色々と協力してくれる人が増えてきた。
    11月11日、たかぎ鯛吉郎デビューシングル『弥生町ブルース』の発売がついに決定、というか勝手に決めた。
    カップリング・ウィズ『わたし名前を捨てました』
    ただいまジャケットデザインとプロモーションビデオのディレクターを募集中。
    興味のある方はご一報を。

    ロック

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    科学技術映像祭
    撮影係として弟子のJukaを引き連れて科学技術館でおこなわれた第49回科学技術映像祭の表彰式に出席する。
    ひさしぶりにピンクの蝶ネクタイの出番。
    アシスタント・ディレクターのNKSNに「コントですか!」といわれる。
    植村泰吉郎名義の最後の仕事で賞をいただけたので、いい記念になった。

    津波襲来
    続きを読む

    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!
  • 2007年09月21日

    おでんマーク

    オータイニュース
    9/20のオータイニュース
    店主唯一の情報源オータイニュース。
    本日の記事を読んでおでんのアスキーアートを思いついた。

    ┃ 





    読者のみなさんも使ってみてください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    検索さんいらっしゃい
    「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

    9/21の検索さん

    「『一尾』の読み方」
    教えて!tai みんなの疑問、鯛が解決。
    「一尾」は「いちび」と読みます。
    魚の数え方のひとつです。

    「ヌルヌル地震 津波」
    教えて!tai みんなの疑問、鯛が解決。
    「ヌルヌル地震」とはマグニチュードのわりに大きな津波を発生させる地震のことをいいます。
    その原因は海底の地震断層がゆっくり動くと、その規模が大きくても伝わってくる地震波が相対的に小さいためだといわれています。
    「ヌルヌル地震」は「津波地震」もしくは「ゆっくり地震」ともいいます。

    「津波」についてもっとくわしく知りたい方は山下文男さんの著書が参考になります。

    津波の恐怖―三陸津波伝承録 (東北大学出版会叢書)

    山下さんとロケをともにした時に取材を受けた地元の新聞記事はこちら
    たかぎ鯛吉郎監督(旧姓植村)がアホ顔で掲載されています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    池袋
    池袋芸術劇場で某大物声優と打合せ。

    きりちゃんと朗読の会を結成。
    今年中には朗読イベントを開催したい。

    夕食は「Khana」でチキンクーライ。
    いよいよ年末のカルカッタ旅行が現実味を帯びてきた。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ビューティフル・マインド」をDVDでみる。
    内容(「Oricon」データベースより)
    実在した天才数学者ジョン・ナッシュの絶望と奇跡の半生を描いた、アカデミー賞4部門に輝く感動のヒューマン・ドラマ。監督は名匠ロン・ハワード。ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリーほか出演。


    いい映画だとは思うが、136分は長過ぎる。
    もう少し編集で切れる場面があったような気がする。
    特典映像の未公開シーンもやたらに長い。

    ビューティフル・マインド



    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2007年08月18日

    すぐ高いところへあがってください!

    津波
    オーストリーから客人。
    江ノ島を案内。
    津波が来た場合の避難先を常に頭にいれながら行動。
    夜、庭食亭にて夕食。
    当日に予約を入れたにもかかわらず素晴らしいおもてなし。
    詳しくは庭食亭日記にて。

    庭食亭日記「ロングスティはチロルへどうぞ」

    定食亭の献立(8/18)
    庭食亭


    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2007年05月18日

    究極の夫婦の遊び

    オータイニュース

    5/15のオータイニュース

    店主唯一の情報源オータイニュース。
    毎日、質の高い記事を提供し続けるオータイニュース。
    おでん屋を営みながらの二足のわらじ。
    記者にとって納得のいかない記事を書かざるを得ない日もあるだろう。
    しかし本日のオータイニュースが特別に質の低い記事だとは思わない。

    どういたしまして


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    検索さんいらっしゃい
    「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

    5/18の検索さん

    「競輪無限地獄」
    車を追い越す時についつい「まくる」という言葉が思い浮かんでしまう検索さん。
    競輪で万車券を的中した時の快感を一度味わうとなかなか抜け出せるものではない。
    店主も競輪無限地獄に陥りそうになった時期もあったが何とか脱出した。
    がんばって克服してもらいたいものです。

    「究極の夫婦の遊び」
    飽くなき探究心で夫婦生活を追求する検索さん。
    「究極の夫婦の遊び」とは一体どのような遊びなのだろうかと深く考えさせられる。
    これぞ究極!という遊びをしているご夫婦の方がいたらコメントください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    東京テレビセンター

    東京テレビセンターで津波防災ビデオのMA。
    ミキサーは最も信頼している高木さん。
    物腰は柔らかだが、音に関しては一切妥協をしない。
    午前中、ナレーション録音。
    ナレーターは石丸純さん。
    石丸さんにはたびたびナレーションをお願いしている。
    いつも、しっかりと原稿を読み込んできてくれて、表現のおかしいところを修正してくれるのでとてもありがたい。
    音楽効果の会田さんもいい音をつけてくれた。
    それぞれのプロの人たちと共同で仕事をするのは楽しいとあらためて実感。
    午後、整音、音楽の差し替えなどの作業をしてからミックス。

    津波防災ビデオ完成。
    「津波」についてわかりやすく理解できる作品になったと思う。
    スマトラ島沖地震津波では23万人の人が亡くなっている。
    過去の歴史が証明するように日本でもいつスマトラ級の津波が来るかわからない。
    この作品に関わってからは、海の近くではたえず高台を探すようになった。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    “One Love Jamaica Festival”

    ■開催日時・場所
    2007年5月19日(土)〜20日(日):10時〜20時
    代々木公園イベント広場及び野外ステージ

    one love jamaica festival

    日曜日はしびれKingのタコス屋のお手伝い。
    Jukaさん土曜日はよろしくお願いします。

    tai_kichi_ro at 23:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!
  • 2007年04月02日

    他人事ではない。

    波

    無事、帰京。
    タイトなスケジュールだったが、いい取材ができた。
    ソロモン諸島沖地震のニュースを知る。

    tai_kichi_ro at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2007年01月13日

    ヌルヌル地震

    終日、鯛吉堂スタジオで「津波防災ビデオ」の台本書き。
    昼過ぎに千島列島沖で地震が起きる。
    津波警報が出される。
    津波のニュースをチェックしながら津波防災ビデオの台本を書いていることに少し複雑な気分になる。

    明治29年に起きた三陸大津波では事前の震度が2〜3と小さく、不意打ち津波だった。
    これは「津波地震」といわれるマグニチュードのわりに大きな津波を発生させる地震によるものだった。
    その原因は海底の地震断層がゆっくり動くと、その規模が大きくても伝わってくる地震波が相対的に小さいためだといわれている。
    この明治三陸大津波ではおよそ2万2千人もの命が奪い去られた。
    ちなみに「津波地震」はその性質が庶民にも分かるように「ヌルヌル地震」と呼ばれていた。
    (参考文献「津波の恐怖」山下文男著)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    とある縁でmixiにドイツの家具メーカーhulstaのコミュニティを立ち上げた。

    mixiコミュニティ「hulsta」

    hulsta(ヒュルスタ)は日本ではあまり知られていないが、ヨーロッパではNo.1の知名度とトップシェアを誇る家具メーカー。
    興味のある方はご参加を。
    新宿のOZONE(最近までオゾネと呼んでいた)にヒュルスタのショールームがオープンしたので近々遊びにいく予定。

    鯛吉堂の家具のほとんどはヒュルスタのものを使用している。

    ※1/21追記:ヒュルスタのショールームに行ってきました。
    くわしくはこちらをご覧下さい。

    tai_kichi_ro at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!