仲俣暁生

2008年10月21日

欲望が欲しくてたまらない

オータイニュース
10/21のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

忙しい日々を送っているつもりだが、ついつい仕事の合間にこんなゲームに興じてしまう。
おそらく、そこまで忙しくはないのだろう。

Lust For Bust(相手に気づかれずに胸の谷間をチラ見するゲーム)
Lust For Bust
タイトルの「欲望が欲しくてたまらない」は「Lust For Bust」をGoogle翻訳したもの。
Yahoo!翻訳では「捜査に対する渇望」
KODENSHA翻訳では「上半身を熱望してください」
と訳される。

Google翻訳が一番味わい深い。
ちなみに「欲望が欲しくてたまらない」をGoogleで日本語に翻訳すると“Jones desire”と訳される。

Jonesって、だれだ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
花
朝、ベランダの花々に水をやる。

午前、モルモットの飼い主さんに連絡をする。
うさぎの飼い主さんが見つからないと相談すると、紹介してくださるとのこと。
懸案事項がひとつ解決した。

うさぎの時間―あなたとうさぎとの時間をもっとハッピーにする (no.1(2008)) (SEIBUNDO mook)
うさぎの時間―あなたとうさぎとの時間をもっとハッピーにする

構成案の手直し。
今回の仕事ではじめてアニメに挑戦。
キャラクターのラフ案をメールでいただく。

夕方、局内で定例会議。
書籍化の話をやんわりとすすめる。
もし実現したら、週刊少年マンガ風の作りにしたい。

局近くの美容室TRUEで散髪。
スタイリングが面倒そうな髪型になる。

夕食は「豊園」で麻婆豆腐定食。

おぎやはぎ
おぎやはぎの所長会議、無事更新。
今回のテーマは「業界新聞をチェックする」。
http://www.nhk.or.jp/hataraking/shochou/shinbun_03_01.html

ぶっちゃけ
ぶっちゃけ大変でした!無事更新。
http://www.nhk.or.jp/hataraking/buchake/buchi20_081021_01.html
今週はフリー編集者・文芸批評家の仲俣暁生さん。

文学:ポスト・ムラカミの日本文学   カルチャー・スタディーズ
文学:ポスト・ムラカミの日本文学 カルチャー・スタディーズ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人生ベストテン」読了。
内容紹介
13歳のあの夏から、私に会いにきたひとは――? どこにでもいる男たちと女たちの<出会い>が生みだす、ちいさなドラマ。おかしくいとしい6つの短篇。

「飛行機と水族館」という短編が心に沁みる。

人生ベストテン (講談社文庫 か 88-8)
人生ベストテン (講談社文庫)

tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2008年10月07日

    Nazの強烈なボディブロー

    オータイニュース
    10/7のオータイニュース
    店主唯一の情報源オータイニュース。

    小島麻由美の歌う「あの鐘を鳴らすのはあなた」が好きでたまに聞いている。

    あの鐘を鳴らすのはあなた
    あの鐘を鳴らすのはあなた
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ??
    室内で育てているトリオスターとゴムの木の元気がいい。

    日中、構成台本の打合せ。
    先輩ディレクターに色々とアドバイスをもらう。

    夕方、サイトの定例会議。
    今月中にインフォマーシャルを作る予定。

    「おぎやはぎの所長会議」無事更新。
    今月前半のテーマは「大学生就職希望ランキング」
    http://www.nhk.or.jp/hataraking/shochou/kaigi_01_01.html

    「ぶっちゃけ大変でした!」無事更新。
    今週のゲストはゲームプランナーの西健一さん。
    http://www.nhk.or.jp/hataraking/buchake/buchi20_081007_01.html

    夜、ウシオさんと一緒にフリー編集者・文芸評論家の仲俣暁生さんの取材。

    取材後、仲俣さんを誘って韓国料理屋で食事。
    ひさしぶりに楽しい酒宴だった。

    帰宅後、meine frau Nazと「ファイトナイト」で対戦。

    EA:SY! 1980 ファイトナイト ラウンド2
    EA:SY! 1980 ファイトナイト ラウンド2

    何度挑戦してもNazに勝てない。
    強烈な左ボディーブローを防御できない。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ビデオニュース・ドットコムをみる。
    マル激トーク・オン・ディマンド 第389回(2008年09月13日)
    アメリカ型金融資本主義の終焉
    ゲスト:若田部昌澄氏(早稲田大学政治経済学術院教授)

    神保さんの髪型が気になった。

    改革の経済学
    改革の経済学

    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2008年10月04日

    ☆金ピカ先生

    オータイニュース
    10/4のオータイニュース
    店主唯一の情報源オータイニュース。

    新宿コマ劇場が閉館するらしい。
    が、とくに感慨はない。

    マツケンサンバII振り付け完全マニュアルDVD
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    花
    午前、ベランダの花々に水をやる。
    サンスベリアの花が咲いた。
    洗濯をする。
    食器を洗う。

    中野区のゴミ分別の仕組みが変わり、ペットボトルがだせるようになった。
    ペットボトルの処理に困っていたのでありがたい。

    昼、プロジェクターでPS2が遊べるように部屋の模様替え。

    夕方、新宿、麻布十番でお買い物。

    「トルネコの大冒険」と「ファイナルナイト ラウンド2」を購入。

    ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険3 ~不思議のダンジョン~

    ファイトナイト ラウンド2


    無事、大画面でゲームができるようになる。
    トルネコ
    「ファイトナイト」というボクシングゲームがおもしろい。
    テレビゲームが得意なNazにボコボコにKOされまくる。


    ひょんなことから
    ☆金ピカ先生……とマイミクになった。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「文化系トークラジオ」をまとめ聞き。
    今月のテーマは“経済成長”、ゲストは経済学者の飯田泰之さん。
    「そこそこの暮らし」って何だろうと考える。

    ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書)


    来週、Lifeのサブパーソナリティの仲俣暁生さんに取材をする。
    Lifeリスナーとしては、とても楽しみな取材。

    “ことば”の仕事


    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2007年08月16日

    猛暑訳ございません。

    オータイニュース
    8/16のオータイニュース
    店主唯一の情報源オータイニュース。
    幸い自分の周りにはいないが暑さでイライラしている人も多いだろう。

    仕事でミス!上司に怒られた!
    そのような時、本日の記事を声に出して読むことをおすすめします。

    きっと上司の怒りもおさまり和やかな雰囲気になることでしょう。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    検索さんいらっしゃい
    「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

    8/16の検索さん

    「バルバロッサ ルール」
    粘土をこねるという斬新なルールにボードゲーマー鯛も唸ったK.Teuberの傑作「バルバロッサ」
    プレイ人数を4人に絞ったバルバロッサ2005年度は未購入。
    絶版になる前にはやく買わないと。

    バルバロッサ

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    花火
    日中、所用があって八幡山にいく。
    駅の近くのカフェでトマトとバジルの冷製パスタを食べる。
    これが近年稀に見る不味さ。
    あまりに不味さにテンションがあがる。
    これは不摂生な生活をしている自分への罰だと思い、意地でも完食してやろうとこの不味いパスタと格闘するが1/3を残してギブアップ。

    夜、青山一丁目にあるビルの一室から神宮外苑花火大会をみる。
    生ビールが美味しい。
    花火終了後、映像業界の大御所たちと飲む。
    世界ウルルン滞在記や世界ふしぎ発見を立ち上げたプロデューサと話がスウィングする。
    世の中にはユニークな人がまだまだたくさんいる。
    後日、あらためて酒を酌み交わそうと約束。
    ちょっとしたハプニングなどもあって愉快な宴だった。
    終電を逃し、タクシーで帰宅。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか読了。
    内容(「MARC」データベースより)
    「青春小説」「恋愛小説」「純文学」「セカイ系」…!? 小説を閉じ込めているジャンルを「解体」し、あらたな現代日本文学の「誕生」を宣言する、ユニークで画期的な評論集。舞城王太郎+愛媛川十三の小説と評論も収録。


    おもしろい構成の評論集だとは思うが舞城王太郎、古川日出男、西尾維新などの小説を読んでいないとややついてけない。
    著者の仲俣暁生のインタビューはこちらで聞くことができる。

    「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか


    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!