アントニオ猪木

2008年03月24日

ダスティ・ローデスとディック・マードック

オータイニュース
3/24のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

アントニオ猪木のおたんじょうびかい

ダスティ・ローデスからお祝いのメッセージが届いている。
ひさしぶりにダスティ・ローデスを映像で見た。
ディック・マードックとのタッグがなつかしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MA
八丁堀のスタジオで授業の録音作業。
音楽を入れてからナレーション録り。
今回お願いしたナレーターは斉藤綾さん。
お仕事をするのは初めて。
素敵な声で子どもたちの詩を読んでくれる。

Que
写真右下のコードの先にあるボタンがQueボタン。
このボタンを押すとブースのランプが点灯し、そのタイミングにあわせてナレーターが原稿を読む。

Queボタンを押す所作はディレクターによって違う。
あまり手を動かさないで押す人もいればオーバーアクションの人もいる。
たかぎ鯛吉郎はどちらかといえばオーバーアクション派。
ボタンを押す瞬間、手を外側にゆっくりと流す。
その姿勢のまま2秒間ほど我慢したあと、手首にスナップをきかせてゆっくりとボタンから指をはなす。
このムーブは先輩ディレクターのNさんに影響を受けている。

午後、整音作業。

タイトル前の音楽がいい感じで、ユニークな作品になったと思う。
いつも遊び心をもって選曲してくれる相沢さんに感謝。

ミックスダウンを終えて、無事作品が完成した。続きを読む

tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
  • 2008年02月16日

    とりなべ

    ひさしぶりに何の予定もない休日。
    日中、ソファーに寝転びながら読書とうたた寝。
    BGMは畠山美由紀の「Fragile」

    Fragile   (CCCD)Fragile (CCCD)
    アーティスト:畠山美由紀
    販売元:フェイスレコーズ
    発売日:2002-09-26
    おすすめ度:5.0
    クチコミを見る

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    鶏鍋
    本日のCafe de Nazは高城家伝来の鶏なべ。
    前日からぐつぐつと鶏ガラを煮込む。
    白濁したスープはほんのりと甘い口当たり。
    まろやかな味でとても美味しい。

    スープ
    具材を入れる前に、すりおろしたショウガと塩ひと振りを入れたお椀にスープを注いでいただくのが高城家流。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    プチポワン
    Nazはただいまプチポワンに没頭している。

    久家道子の素敵な刺繍 プチポアン久家道子の素敵な刺繍 プチポアン
    著者:久家 道子
    販売元:雄鷄社
    発売日:2008-01
    クチコミを見る

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    本日のニコニコ動画。

    もう6年前になる札幌での珍事。
    ひさしぶりに見たが、おもしかった。

    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2008年02月06日

    チアノーゼ

    オータイニュース
    2/6のオータイニュース
    店主唯一の情報源オータイニュース。
    アントニオ猪木の試合でもっとも印象に残っているのは1983年6月2日におこなわれた第1回IWGP優勝戦、ハルク・ホーガンとの一戦。
    ホーガンにアックスボンバーを受けた猪木は失神してKO負けをする。
    当時、小学校3年生だった鯛吉郎少年は「猪木が舌を出して失神!」という衝撃的なシーンと共に「チアノーゼ」という単語をおぼえた。

    あれから25年の歳月が流れたが、いまだに「チアノーゼ」の正確な意味はわかっていない。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    下痢
    朝、下腹部にトラブルが生じて大惨劇。
    meine frau Nazに10年分の貸しをつくる。
    午前、試写の準備。
    午後、授業の初試写。
    試写を終え、内容の方向性が決まったので明日から本格的な編集に入る。

    トマトタンメン
    夜、ひさしぶりに白龍館でトマトタンメンと焼き餃子。
    お腹に優しくてとても美味しい。続きを読む

    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
  • 2008年02月04日

    死刑

    オータイニュース
    2/4のオータイニュース
    店主唯一の情報源オータイニュース。

    アントニオ猪木、引退の挨拶「道」


    1998年4月4日に東京ドームで行われた引退記念イベント。
    アントニオ猪木が現役を退いてからはや10年。
    ひさしぶりに引退の挨拶を見て無駄にテンションがあがった。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    コンクリートジャングル
    午前、授業の編集。
    午後、局内で大桃美代子さんの取材。
    「桃源」で夕食。
    鶏の唐揚げを食べたら舌を火傷する。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う」読了。
    内容紹介
    知っているのに誰も知らない、僕らが支える「死刑」というシステム。
    できる限りは直視したい。知ったうえで考えたい。
    罪とは、罰とは、命とは、何だろう?
    著者渾身の書き下ろし最新作。死刑をめぐる三年間のロードムービー。


    森達也の最近の著作にはマンネリ感が漂っていたが、本書は久々におもしろい内容で一気に読み通した。

    死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う
    著者:森達也
    販売元:朝日出版社
    発売日:2008-01-10
    おすすめ度:4.0
    クチコミを見る



    tai_kichi_ro at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!