2009年05月26日

“5秒でわかる、世界で最も正確な性格テスト”を試してみた('◇')ゞ

オータイニュース
5/27のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

一言多い人が周りに少なからずいる。
その一言を直接聞くと面倒なことが多いので、Twitterでお願いしたいと感じる昨今。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひげ
午前、明日のMAの準備。
午後、「ひげの面接」の撮影。
サブカメラを回す。
夕方、公園通りのCafe miyamaで特ダネファイルの取材。

特ダネファイル更新。
▼第四号 スクープ!「渋マガZ」に石原所長がゲスト出演
橋浦CPと石原所長の対談に成功した!
http://www.nhk.or.jp/hataraking/shochou/tokudane_05_01.html

ぶっちゃけ大変でした!更新。
今週のゲストはNHKの塚原愛アナウンサー
http://www.nhk.or.jp/hataraking/buchake/buchi20_090526_01.html

ひさしぶりにKhanaで夕食。
チキンジャルファレージとチキンシャキコーロマ
Khana

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5秒でわかる、世界で最も正確な性格テスト

この9枚の写真は、海外の科学者や心理学者らが共同で研究し、何年もかけて作り上げたものだそうで、世界中で何度も実験を繰り返し、図案の形や色を調整して、選び抜かれた写真なのだそうです。この9枚の写真が、9つの異なる性格を現しています。
五秒で

たかぎ鯛吉郎が直感で一番気に入ったのは…

7の絵。

7.分析力・リーダー・自信
人々が見逃しがちなことに対して敏感に反応し、新たなことを発見することを好む。身に付いた教養は日常生活においても現れ、自分の持っている格調高い視点があり、ファッションや流行に惑わされない。優雅で心地よい生活を理想としており、自分と接する人々も上品で教養のある人を好む。



「優雅で心地のよい生活を理想としており」の部分は当たっている。
理想と現実は程遠いものがあるが。

他の回答と解説はこちらに。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日本の難点」読了。
内容(「BOOK」データベースより)
現代とは「社会の底が抜けた時代」である。相対主義の時代が終わり、すべての境界線があやふやで恣意的な時代となっている。そのデタラメさを自覚した上で、なぜ社会と現実へコミットメント(深い関わり)していかなければならないのか。本書は、最先端の人文知の成果を総動員して、生きていくのに必要な「評価の物差し」を指し示すべく、「現状→背景→処方箋」の3段ステップで完全解説した「宮台版・日本の論点」である。


力作。

日本の難点 (幻冬舎新書)日本の難点 (幻冬舎新書)
著者:宮台 真司
販売元:幻冬舎
発売日:2009-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by lily   2009年05月28日 23:30
5 1の脳天気な野郎です

占いってだいたい当たってると思うけど、だから!?て気がします
そもそも当たってると思うのは自覚しているからで
自覚しているのに占いして改めて指摘してもらう必要って
どこにあるのだろうーか?

どーでもいっかー
2. Posted by たかぎ鯛吉郎   2009年05月30日 01:39
lilyさん
まあ、お遊びですからね〜('〜')

僕なんて、おまえの血液型はB型だと親に言われて高校生まで育ち、実際に血液検査をしてみたらA型でしたから。
いままで血液型コーナーでB型を参考にしていたのは何だったんだよって感じです(´_ゝ`)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔