2008年11月10日

中田さんも才能あるけどパッパラーさんも才能あるんだねぇ

オータイニュース
11/10のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

赤塚不二夫さんの昔の家が、いま住んでいるマンションの隣にあることを最近知る。

これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝 (文春文庫 あ 50-1)
これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝 (文春文庫)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新宿
少し風邪気味。

PCの調子が悪い。
一回で立ち上がらない。
Firefoxが異常に重いのでメインのブラウザをSafariに切り替える。

取材先にメール。
撮影の段取りに追われる。

ぶっちゃけ大変でした!の出演者候補を考える。

とあるチャンネルのYouTube向けコンテンツを考える。

「素人の乱」のDVDを途中までみる。

夕食はKHANAでムルグムンターズ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日のニコニコ動画。

Perfume@日本武道館ライブで軽く燃え尽きている…。




申し訳ないとに行きたくなってきた。
掟さんに取材をしてみたい。

申し訳ないとフロム赤坂 アイドルMIX
申し訳ないとフロム赤坂 アイドルMIX

ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008
ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか」読了。
内容紹介
ウェブから生まれた新世代の社会分析。
本書ぬきにニコニコ動画は、そして日本社会は語れない。(東浩紀)


ミクシィ、2ちゃんねる、ニコニコ動画、ケータイ小説、初音ミク……。日本のウェブサービスは固有の形に進化している。他の国にはない不思議なサービスの数々は、なぜ日本独自の進化を遂げたのか。
本書は日本独自の〈情報環境〉を分析し、日本のウェブ社会をすっきりと見渡していく。
ゼロ年代を代表する最注目の若手論客による、日本の〈情報環境〉を検証する決定的一冊。


今年読んだウェブ関連の本の中では群を抜いておもしろかった。
本書は『ワイアード・ビジョン』での連載「情報環境研究ノート」をまとめたもので、ネットでの連載も読んでいたが、書籍になったものを読んでみるとまた趣きが違う。

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか
アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔