2008年09月16日

原人、変人、赤西仁

オータイニュース
9/16のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

渋谷センター街のジミーさんを取材したときのこと。
ジミーさんが女子高生相手に放っていたギャグに「原人、変人、赤西仁」というのがある。
当時、赤西仁を知らなかった僕は取材が終わるまで「原人、変人、赤い詩人」と聞き間違えていて、ずいぶんシュールなギャグだなと思っていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午前、注文していた椅子が届く。
hulsta(ヒュルスタ)のオフィスチェア。
座り心地、デザインともにお気に入りの一品。
この先、鯛吉堂スタジオでの編集作業が多くなりそうなので重宝しそう。

hulsta

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ぶっちゃけ大変でした!」無事更新。
今週のゲストはクリス・ペプラーさん。
http://www.nhk.or.jp/hataraking/buchake/buchi20_080916_01.html

今週は、夏目房之介さんと西健一さんの取材、「おぎやはぎの所長会議」の収録と目白押しのスケジュール。

残念ながら、夏目さんの取材は他の打合せとバッティングしているので行けない。

夕方、プロデューサーと構成台本の打合せ。
なかなか構成が決まらない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「野ブタ。をプロデュース」をみる。
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
白岩玄のベストセラー小説を豪華キャストでTVドラマ化。本音を隠し、“爽やかな人気者”を演出して高校に通う桐谷修二は、イジメられっこ転校生の変身プロデュース作戦を開始するが…。第1話から第10話までを収録。特典ディスクを収録した5枚組BOX。


最終話ですこし拍子抜けしたが、すっかり堀北真希の虜となる。

野ブタ。をプロデュース DVD-BOX

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「魔王」読了。
[要旨]
会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。


あいかわらず巧いと思ったが、やや説明的なセリフが多い感じがした。

魔王


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔