2008年08月25日

儚い

オータイニュース
8/25のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

いつのまにか閉幕していた北京五輪。
日本生まれの種目、男子ケイリンで、永井選手は日本人初のメダリストとなった。
しかしこの種目で日本が銅メダルを獲得したことは世間的にはほとんど知られていない。
日本が世界に誇る公営賭博“競輪”がオリンピック種目に採用されていることもあまり知られてないかと思うと少し儚い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
曇り空
どんよりとした天気。

午前10時、昨日からの編集作業がようやく終わりDVDに書き出す。

午後、某ハウスメーカーで試写。
少し尺が長いと言われるが大きな問題はなかった。

花柄のジャケットを着ていったら、クライアントの女性から
「たかぎさんがいつもどんなシャツを着てくるのか楽しみなんですよ」
と言われる。

夕食はKhanaでムルグムンダーズ。
生気を取り戻す。

写真はマイクロソフトなどが入っている大きなビルに張ってあったもの。
注意

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008
読了。
内容紹介
「論じる」者がいる限り――アイドル・ネバー・ダイ!

「帝国」ハロプロの興隆と変容……そして再び訪れた「冬の時代」。
閉ざされた市場に風穴を空ける、新世代アイドル・Perfumeの登場――。
2000-2008、平成アイドル史の転換点を彩る楽曲の数々を、ヒップホップ界随一のアイドル狂・宇多丸が徹底批評。「アイドルソングだけが表現し得る『何か』がきっとある!」雑誌『BUBKA』の人気連載、待望の書籍化。


「LOVEマシーン」が発売されたのが1999年。
すごい曲だなぁと思ったおぼえがある。
いま聴いても名曲。
それ以降のモーニング娘。はフォローしていない。

本書を読んで宇多丸師匠の批評眼の鋭さをあらためて実感。
資料としての価値もある一冊。

ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008


■関連図書
ブラスト公論―誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔