2008年08月21日

おぎやはぎの所長会議

オータイニュース
8/20のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

ソウルから日本に来ている韓国人の友達がいる。
彼は建築家で最近、会社を立ち上げた。
彼の下の名前は「國柱」と書いて「クッジュ」と読む。
自分がこのようなネーミングをされていたら確実に名前負けをしていただろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午前、落合にあるデザイン事務所でクライアントを交えて編集作業。

夕方、局内でサイトの新コンテンツ「おぎやはぎの所長会議」の収録。
小木さんと矢作さんに適職診断をしてもらう。
意外な診断結果が…

くわしくは9月の更新をお楽しみに。

夜、ふたたび落合に戻り編集作業に立ち会う。
明け方、終了。
午前6時タクシーで帰宅。

男の魅力
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
津波襲来
局内の本屋でキネマ旬報を買う。

映画評論家の渡部実さんが「文化映画紹介」というコーナーで「津波襲来」を取りあげてくれている。
文章を読むと、しっかりと作品を見てくれていることが伝わってくる。

嬉しい限り。

キネマ旬報

「津波襲来」は“植村”名義でおこなった最後の仕事。
活字で旧姓を見ると違和感を感じるようになってきた。

今秋、結婚生活も4年目を迎える。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「犯人(ホシ)に願いを―悪刑事(わるでこ)」読了。
内容(「MARC」データベースより)
稀代の「悪刑事コンビ」が、またしてもオイシイ事件に遭遇。押収したシャブで捜査資金は潤沢。非合法カジノで大儲け…。ともあれ、警察上層部の弱みを握って、出世街道驀進じゃぁ! 疾風怒濤の仰天ケーサツ小説!


悪刑事シリーズ第二弾。
あまり笑えるシーンがなかった。
「越境者たち」のようなヒリヒリとするような作品はもう読めないのだろか。

犯人(ホシ)に願いを―悪刑事(わるでこ)

悪刑事

■森巣博おすすめ図書
越境者たち (上) (集英社文庫)

越境者たち (下) (集英社文庫)

神はダイスを遊ばない (新潮文庫)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔