2008年08月09日

小手指

オータイニュース
8/8のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。

高校野球を題材にしたマンガの中で、もっとも思い出に残っている作品は
小学生のときに読んだ「我ら九人の甲子園」。
とんでもない内容だったおぼえがある。

内容
甲子園とは、金と女と陽子の愛だ!!九人きっちりの秋葉高校ナインは、剛腕小林投手のもと、血の滲む練習と破天荒な行動で、甲子園目指して青春の情熱をぶつける―。芥川賞作家・高橋三千綱初の書き下ろし原作を得て、気鋭・かざま鋭二が描く痛快野球劇画。


我ら九人の甲子園 (1) (竹書房文庫)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小手指駅
多忙につきエコノミーモード。

朝5時起床。
小手指でロケ。
目白通りが渋滞、集合時間に少し遅れる。

犬
ロケ、無事終了。
帰りにちょうど首都高五号線が復旧して、すいすいと東京に戻る。
照明機材とレンタカーを返す。

焼肉
中野坂上にある「紅華苑」で夕食。
お盆休み前で、肉の在庫を残したくないとのことで特上カルビをサービスしてもらう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビデオニュース・ドットコムをみる。
マル激トーク・オン・ディマンド 第384回(2008年08月09日)
それでもドーピングは止まらない
ゲスト:増田晶文氏(作家)
内容
北京五輪は史上最多の参加国と史上最多の参加者を誇る史上最大の五輪と言われるが、同時に、史上最多のドーピング五輪となる可能性が高い。過去最多となる26人のドーピングによる失格者を出した前回のアテネ五輪では、28競技3667人が検査対象となったが、北京五輪では、それを大幅に上回る 4500人がドーピング検査を受ける。中国のオリンピック委も917人の検査官を動員して、ドーピングを徹底的に摘発する姿勢を見せている。
各国がドーピングの摘発に躍起になる背景には、ドーピングにさまざまな副作用や後遺症があり、またそれが長期にわたることがある。同時に、ドーピングが横行すると、スポーツのフェアなイメージが損なわれるリスクも犯すことになる。


オリンピックにはまったく興味はないが、ドーピングの話はおもしろい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日のストリートビュー。
■小学生のときに住んでいたマンション。

大きな地図で見る
知らぬ間に新しいマンションが建設中…。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔