2007年11月24日

初段

グリーンネックレス
終日、鯛吉堂スタジオで編集作業。
昼、気分転換にホットケーキを焼く。
ベランダで植物を愛でながら食べる。

mac
映像データが入っている外付けHDDが認識せず一瞬血の気が引くが、再起動すると直った。
ノンリニア編集をしているとHDDのクラッシュが時々おこる。
対策としては他のHDDにバックアップをとる、ある程度編集したらテープに吐き出すといった方法があるが、ついつい面倒でこれらの作業を怠る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初段
オンライン麻雀「天鳳」のランクが初段になる。
これで上級の卓で打てるようになった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「うさぎが鬼に会いにいく」読了。
内容紹介
他ならぬ私・中村自身が、神を捜して彷徨う「鬼」のひとりなのである。
そして、私が会ってきた「鬼」の中で、あなたが一番憎む「鬼」こそが、あなた自身の分身なのかもしれない。

佐川一政―平気で嘘をつく男
植垣康博―連合赤軍を訪ねて
三浦和義―メディアが創った殺人者
岡留安則―「鬼」を食う鬼
釣崎清隆―死体は何を語るのか
鈴木邦男―連帯を求めて孤立を恐れず
バクシーシ山下―AVギャルは時空の旅人である
日野日出志―肉体のグロテスク
マツコ・デラックス―排泄する道祖神
田嶋陽子―「鬼」か、「亡者」か
あとがきにかえて 鈴木啓之―地獄巡りの果てに、神は見つけられたのか


釣崎清隆、日野日出志の章がおもしろかった。

うさぎが鬼に会いにいく


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔