2007年08月16日

猛暑訳ございません。

オータイニュース
8/16のオータイニュース
店主唯一の情報源オータイニュース。
幸い自分の周りにはいないが暑さでイライラしている人も多いだろう。

仕事でミス!上司に怒られた!
そのような時、本日の記事を声に出して読むことをおすすめします。

きっと上司の怒りもおさまり和やかな雰囲気になることでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
検索さんいらっしゃい
「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

8/16の検索さん

「バルバロッサ ルール」
粘土をこねるという斬新なルールにボードゲーマー鯛も唸ったK.Teuberの傑作「バルバロッサ」
プレイ人数を4人に絞ったバルバロッサ2005年度は未購入。
絶版になる前にはやく買わないと。

バルバロッサ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
花火
日中、所用があって八幡山にいく。
駅の近くのカフェでトマトとバジルの冷製パスタを食べる。
これが近年稀に見る不味さ。
あまりに不味さにテンションがあがる。
これは不摂生な生活をしている自分への罰だと思い、意地でも完食してやろうとこの不味いパスタと格闘するが1/3を残してギブアップ。

夜、青山一丁目にあるビルの一室から神宮外苑花火大会をみる。
生ビールが美味しい。
花火終了後、映像業界の大御所たちと飲む。
世界ウルルン滞在記や世界ふしぎ発見を立ち上げたプロデューサと話がスウィングする。
世の中にはユニークな人がまだまだたくさんいる。
後日、あらためて酒を酌み交わそうと約束。
ちょっとしたハプニングなどもあって愉快な宴だった。
終電を逃し、タクシーで帰宅。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか読了。
内容(「MARC」データベースより)
「青春小説」「恋愛小説」「純文学」「セカイ系」…!? 小説を閉じ込めているジャンルを「解体」し、あらたな現代日本文学の「誕生」を宣言する、ユニークで画期的な評論集。舞城王太郎+愛媛川十三の小説と評論も収録。


おもしろい構成の評論集だとは思うが舞城王太郎、古川日出男、西尾維新などの小説を読んでいないとややついてけない。
著者の仲俣暁生のインタビューはこちらで聞くことができる。

「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サチ   2007年08月17日 21:40
「猛暑訳ございません。」
HOTELの高嶋弟気取りで言ってみようと思います。
2. Posted by Juka   2007年08月18日 00:18
ハプニング相当面白かったです。でも、われわれが今この場にいることの重要性をデスクの方に語っていた鯛吉郎さんもおかしかったです。また花火にネーミング大会しましょう。
3. Posted by タイキチロウ   2007年08月20日 15:33
◎サチさん
たしかに高島弟ノリだとバッチリはまりそうですね。
プログレ好きの高島兄じゃ興ざめですねー。
ぜひ試してみてください。

◎Jukaさん
デスクの人に熱く語ったわりにはあまり興味をしめしてない。
デスクの人も困惑していたでしょうね。
花火に勝手にネーミング、流行るかもしれません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔