2007年05月31日

はくおほぉう

オータイニュース

5/31のオータイニュース

店主唯一の情報源オータイニュース。
白鵬の「鵬」の字が読めなくて困っていた。
「オウ」か「ホウ」のどちらかだろうなとは思っていたので、相撲の話になると「八百長疑惑で話題の『はくおほぉう』のことでしょう」と「オウ」と「ホウ」どちらともとれる発音でお茶を濁していた。
オータイニュースはきちんとルビを振ってくれるのでありがたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
検索さんいらっしゃい
「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

5/31の検索さん

「チーズを削る道具」

チーズを削る機械

写真はとあるパーティで見かけたチーズを削る道具。
ハンドルをくるくる回すとチーズが薄くスライスされる。
このくるくる回す作業が楽しい。
鯛吉堂にもぜひ導入したいアイテムのひとつ。
神楽坂のチーズ専門店に売っているらしい。

「読売新聞 中野坂上 やくざ」
洗剤と巨人戦のチケットを押し付けられてついつい三ヶ月契約をしてしまう検索さん。

たまにわが家にも新聞の勧誘員が来るが「ネットで読めるものをなぜわざわざお金を出してまで紙で読まなければならないのですか?」と尋ねるとすんなりドアを閉めてくれる。
NHKの調査員が来た場合は「NHKさんは教養深い番組をたくさん制作されているので視聴料を払いたい気持ちは山々なのですが、あいにく家にテレビを置いていないので払うことができないのです。もし疑っていらっしゃるなら部屋をご覧になられますか?」と尋ねる。
家の中まで入ってきた調査員は今のところいない。
実際に家にテレビを置いていないので嘘をついているわけではない。

新聞など読むぐらいならオータイニュースを読みましょう。
オータイニュースが読めるのは「鯛の遊び絵」だけ。

■参考図書
新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書)新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書)
著者:河内 孝
販売元:新潮社
発売日:2007-03
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

「裏社会パーティー」
「ところで鯛吉堂って何なのですか?」と最近よく尋ねられる。
「21世紀日本型サロンです」と答えているが自分でもよくわかっていない。
怪しいパーティがおこなわれていると思われているのかもしない。
でもご安心を。
普通のパーティです。
裏社会とのつながりは一切ございません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学校教育ビデオのリサーチのため図書館に行く。
教育関係の本と社会学の本を何冊か借りる。
最近新書ばかり読んでいるので、たまには小説でもと伊坂幸太郎と小川洋子の本を借りる。

映画
カールとルイージ

夜、六本木ミッドタウン内の某銀行でNazの同僚カールが監督した映画の上映会。
英語の映画だったので内容が今イチよく分からなかった。
日本語の字幕を入れたバージョンでもう一度見てみたい。
写真はカール監督と主演のルイージ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「iPhone 衝撃のビジネスモデル」読了。
内容(「BOOK」データベースより)
Web2.0が喧伝されて、かなりの時間が経つ。グーグルの影響力は変わらず増大しているし、アマゾンも市場への浸透を拡大している。しかし、オプティミズムに彩られた予測は数を減らしつつある。グーグルの収益構造は基本的に広告から離れられず、SNSはどう収益を導くか模索中である。収益モデルが確立できずに技術だけが洗練されていくマーケットから、ジョブズはiPhoneによってキャッシュを得ようとしている。どういう方法で?携帯電話の居場所を電話機からオーグメントにシフトさせることによってである。


タロット占いしか機能がついてなかったTu-Kaからauの最新機種にかえた時に、もはやこれは電話ではないと思った。
ブログの写真やTaiTubeにアップしている動画はすべて今使っている携帯電話で撮影したもの。
ロケ中のメールチェックやロケ先でのリサーチをするのも携帯電話。
カーナビ機能がついているので車で旅行する時はカーナビとして使っている。
電話として使用している割合は極めて少ない。
特にわりと画質のいい動画が撮影できることは驚きだった。
携帯電話での撮影はドキュメンタリーとの親和性がとても高いと思う。
いま実験的に携帯電話で色々と撮影している。

本書ではiPhone(とそれに類似した商品)はそれらの機能がさらに拡張されたものになるだろうと熱く語られている。
技術やビジネスモデルだけではなくデザインが重要だと主張しているところもおもしろい。
デザインとは本来モノを作る人の意思や思想のことだと思う。
自分がジョブズの提示するデザインにいつも魅了されるのは、ジョブズが思い描く未来像がなんとなく楽しそうでワクワク感に満ちているからだ。

iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)
著者:岡嶋 裕史
販売元:光文社
発売日:2007-05-17
おすすめ度:2.5
クチコミを見る

■関連図書
スティーブ・ジョブズ-偶像復活スティーブ・ジョブズ-偶像復活
著者:ジェフリー・S・ヤング
販売元:東洋経済新報社
発売日:2005-11-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る








トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. モデル岩瀬直美のblogができました。  [ 岩瀬直美 is blog ]   2007年06月06日 12:16
元オスカーの売れっ子モデル岩瀬直美のblogができました更新中です。ご覧下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔