2007年04月17日

ドンペリのユーロ価格

オータイニュース

4/17のオータイニュース

店主唯一の情報源オータイニュース。
ミーハーだという批判は甘んじて受ける覚悟で告白する。
この仕事をしていて一番の思い出は、2年程前、局内でモーニング娘。と偶然すれ違った瞬間だ。(一緒に仕事をしたわけではない。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
検索さんいらっしゃい
「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。
4/17の検索さん

「ドンペリ ユーロ価格」
「ガン末期 献立」
このコーナーを続けていると、見知らぬ人たちの人生を想像する時がある。

「ドンペリ ユーロ価格」で検索してきた人はホストクラブの開店に奔走している店長さんだろう。
ホストクラブにドンペリは必需品。
少しでも安く買おうとヨーロッパからの仕入れを考えているのだ。

「ガン末期 献立」の検索さんは両親もしくは夫か妻がガン末期なのだろう。
末期患者に何を食べさせればよいのか必死に調べているのだ。

拙ブログに「ドンペリのユーロ価格」や「ガン末期患者の献立」に関する有益な情報はのっていない。
しかしそれは検索エンジンの問題である。
これらの言葉で拙ブログにヒットするようではまだまだ検索の精度が高いとはいえない。

何が書きたいのかよくわからくなってきたが、とにかくドンペリさんも献立さんも人生を必死に生きていることだけはわかる。


人は何かを知りたがり日々検索にいそしむ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尾鷲の海

津波防災ビデオの編集。
ラッシュを見ながら、ざっくりと粗編集をはじめる。
想定していた構成ではまとまらない気がしてきた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「著作権とは何か―文化と創造のゆくえ」を読了。
内容(「BOOK」データベースより)
いま著作権という権利が、大きな注目を集めている。芸術家や作家などのクリエイターはもちろん、一般ユーザーにとっても、著作権はとても身近な権利になってきている。また、それは巨大ビジネスとなった映像・音楽・出版・ネット産業などの動向さえ時に左右する。では、こうした著作権とは、いったいどのような権利なのだろうか。著作権は、どのような場合に生まれ、具体的にどのようなことが出来て、そもそも何のために存在するのだろうか。本書は、著作権を専門とする弁護士が、著作権の基礎や考え方を、シェイクスピア、デュシャン、手塚治虫など豊富な実例を挙げつつ解説し、著作権と文化の関わりを探る。


仕事柄、著作権問題は避けて通れない。
しかし、実際のところ著作権の詳しい内容についてはよくわかっていない。
本書は読み物としてもおもしろく、レッシングなどが提起しているネット時代の著作権についても触れられており入門書としても最適な一冊。

著作権とは何か―文化と創造のゆくえ


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ドンペリ 白  [ ドンペリ 白 ]   2007年05月25日 03:49
こんにちは。ドンペリ 白について触れていますよ。

この記事へのコメント

1. Posted by すぎ   2007年04月19日 08:10
うん、たいちゃんを含む仲間の為に「ロイヤリティ」について日記を書きます。
2. Posted by maki   2007年04月19日 23:45
意外です。
ミーハーさに驚いております。
3. Posted by たかぎ鯛吉郎   2007年04月20日 13:04
すぎさん
日記楽しみにしてます。

makiさん
ミーハーだという批判は甘んじて受ける覚悟で告白します。
ニ番の思い出は乙葉と京王プラザのラウンジでの打合せです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔