2007年02月26日

セポイの反乱の年とアラニスモリセットの誕生年

オータイニュース

2/26のオータイニュース

社会派のメディアと思われがちなオータイニュースだが芸能欄も充実している。
デカプリオが主演をつとめた「ディパーテッド」が今年度のアカデミー賞を受賞したというニュースはどこのメディアでも報じられているが、本日の記事はオータイニュースでしか報じられていないスクープ記事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
検索さんいらっしゃい
「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

2/26の検索さん

「新宿 オゾネ」
ローマ字読みな検索さん。
店主も最近まで「OZONE」を「オゾネ」と読んでいた。
親戚のおばさんは最近まで「NIKE」を「ニケ」と読んでいた。

「パワーホール テクノ」
ついつい小走りしていまう検索さん。
先日YouTubeにアップした「パワーホールはテクノの先駆け」のViewsがすでに2000を越えている。
フレーム単位でこまかい編集をしたにもかかわらず、YouTubeにアップするとフレームが省かれてしまう。
比較してみるとGoogle Videoの方が少しだけ画質がいい。
Stage6は圧倒的に画質がいいがブログに貼れない。
一長一短。

「パワーホールはテクノの先駆け」

Stage6版はこちら

■mixiコミュニティ「パワーホールでテクノに目覚めた」

「あだち充 原理主義者」
「文化系トークラジオLife」でクイックジャパン編集長・森山裕之氏が“あだち充原理主義者”を標榜している。
先日のテーマ「憧れの女性(ひと)」でも「人生で必要なことはすべてあだち充から学んだ」と森山節が炸裂。
森山氏の語り口がとても魅力的で、氏の発言を聞くためだけにLifeを聞いているといっても過言ではない。
余談だが店主は過去に一度だけクイックジャパンに登場したことがある。
ちなみに店主の「憧れの女性(ひと)」は通っていた高校で英語を担当していたい今村先生。
知的な雰囲気のきれいな人(ひと)だった。
卒業してから交流はないが今でもご健在なのだろうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近、出会い系SNSから大量の迷惑メールが届く。
様々なバリエーションのメールが届くが、本日のメールの文面が秀逸だったので紹介します。

□タイトル□
ルミに電話してくれる?暗号は

□メッセージ□
頭に携帯の基本の数字とセポイの反乱の年とアラニスモリセットの誕生年を足してさらにアングロサクソンを後ろにつければいいだけなんだけども・・・わかる?難しすぎるかな。。。分からなければ聞いて、その場合はちゃんと送ります。


常識的に考えて難しすぎる。
「アングロサクソンを後ろにつければいいだけ」というセンテンスが特に難解。
暗号を解読できた人はルミさんに電話してあげてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
終日、同時進行している2つの仕事のスケジュール調整に頭を悩ます。
写真は先日撮影した講演会の後片付けの様子。

椅子のトーテンポール

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「インテリジェンス 武器なき戦争」読了。
内容(「BOOK」データベースより)
東京のインテリジェンス市場は今、沸き立っている。北の独裁国家が核実に踏み切ったのを機に、情報大国は第一級のインテリジェンス・オフィサーを日本に送りこんでいる。彼らの接触リストのトップには本書の著者名が常にある。情勢の見立てを誤ったことも、機密を漏らしたこともないからだ。極東発のインテリジェンスは対日戦略の骨格となる。武器なき戦いの幕はあがった。情報大国ニッポンの誕生に向けた驚愕のインテリジェンス入門書。

独特の雰囲気の対談本。
第一線を退いたおじさん二人の床屋談義といった風情だが対談の内容はなかなか面白く「情報」をどのように扱いどう活かすかという視点で読むと実用書としても使える一冊。

「秘密情報の98%は公開情報を再整理することによって得られる」
(佐藤優氏による前書きより抜粋)

インテリジェンス 武器なき戦争

■関連図書

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

ウルトラ・ダラー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔