2007年02月09日

ボードゲーム2.0

オータイニュース

2/9のオータイニュース

店主唯一の情報源オータイニュース。
本日は都合により夕刊です。
オータイニュースが失言か?と思った読者も多いことでしょう。
オータイニュースは記事のレイアウトにも凝っています。

おでん大臣

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
検索さんいらっしゃい
「検索さん」とはYahoo!やgoogle検索から拙ブログに訪れてきた人のことをいう。

2/9の検索さん

「秋山成勲 殺す」
殺人予備罪に問われそうな検索さん。
ぜひとも思いとどまって下さい。
■過去記事「ヴァンダレイ・シウバが秋山成勲に制裁宣言」

「"吐息 時園勇"」
でネットな検索さん。
照明アーティスト・時園勇さんの個展「光の吐息」は新宿OZONEで2/13まで開催中。
■過去記事「“光の吐息”オープニングパティ」

光の吐息

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すごいよ宮大工さん

終日、箱根関所の編集。
若き宮大工たちの情熱がこめられた仕事にあらためて感心する。

「文化系トークラジオLife」を聴きながら作業。
この番組はライータや雑誌の編集者の人たちがパーソナリティをつとめている。
(メインパーソナリティは社会学者の鈴木謙介氏)
普段、文章を書いたり雑誌を作っているひとたちの「声」が聞けるのがおもしろい。
文章からは気難しい人かと想像していたライターの佐々木敦氏の声が意外に甲高く気さくな人っぽいだとか、クイックジャパン編集長森山裕之氏の話し方は落ち着きがあり渋いが番組HPの写真を見てみると丸顔で意外に童顔だとか。

この番組のユニークなところはトークで話題にあがった書籍やCDをすべて番組HPでアフィリエイトしているところ。

ひとつ不満なのが、ポッドキャストで聴いているので番組内で流れる曲が聴けないこと。
ジャスラックとの契約の問題なのだろうが、ポッドキャストで曲を流して誰が損をするのだろう。
ポッドキャストで聴いて、いい曲だなと思ったら番組HP経由でアマゾンからCDを購入する人も増える気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「次世代ウェブ グーグルの次のモデル」を読む。
■内容
すっかり広まったWeb2.0という言葉だが、その本質的変化をとらえる動きは、実はこの日本で次々と誕生している若いネットベンチャーの世界から劇的に始まりつつある。彼ら若いネットベンチャーがどのようにしてWeb2.0の動きを取り込み、そしてこの日本でWeb2.0が具体的にどのようにしてドライブしていこうとしているのか。彼らへの綿密な取材を通して、この先ウェブの世界がさらにどのように変化していくのかを浮き彫りにする。著者は毎日新聞・アスキーのITジャーナリストで『Google』(文春新書)などの著作がある。

Web2.0・ナレッジマネジメント・マイニング・ロングテール・マッチングビジネス…
どのキーワードにもわくわく感がない。
ちまちました世の中になりそうだなあというのが一番の感想。
しかし本書に紹介されているサービスを存分に使っているのも事実。
ボードゲーム2.0を目指す鯛吉堂とインターネットをどうリンクさせていくかを5分ほど思索する。

次世代ウェブ グーグルの次のモデル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「テルマ&ルイーズ」をみる。
<ストーリー>
ドライブ旅行へ出かけた平凡な主婦のテルマとダイナーの中年ウェイトレス・ルイーズ。だが、途中のバーでレイプされそうになったテルマを救うため、ルイーズは男を射殺してしまう! 二人の旅は一変して悪夢のような展開に──! 若い男を道連れにしたり、逃亡資金を工面する日々を過ごすが、警察の追跡は次第に激しくなる…!

1991年の作品。
第64回アカデミー賞で脚本賞を受賞している。
web.2.0とはまったく無縁のおばさん二人のロードムービー。
テルマ役のジーナ・デイヴィスが好演している。
アメリカの田舎ぶりも楽しめる。

テルマ&ルイーズ


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔