2005年11月16日

TOKYO TOWER

巷で話題の東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を読了。
出版社 / 著者からの内容紹介
読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。

最近、本出さないなと思っていたら、この連載をしていたのか。
「豊かさ」と「貧しさ」についてくだりが、いい文章だなあと思った。

『en-taxi』の刊行記念特集を見ると、リリーさんとてもいい表情している。
オトンとのツーショットが特にいい。
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


tai_kichi_ro at 13:00│Comments(0)clip!鯛の読書日記 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔