2005年09月21日

Hikari-tsuke

箱根関所にて京口御門の親柱の光付けの撮影。
簡単にいうと、柱の底と礎石の形を合わせる作業。
大型クレーン車が入るので道を通行止めにして夕方から作業開始。
二本の柱を削るのに午後4時から始めて午前3時までかかる。
地味ながら大変な作業。
現場で作業する宮大工の棟梁はまだ20代。
ルックスもかっこよく、男惚れする。
光付け01光付け02

tai_kichi_ro at 23:16│Comments(0)clip!鯛のロケ日誌 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔